健康の生活習慣と生活

『生活習慣病の身体と、生活習慣で決まる身体の構造力学のお話です。』

身体には力の働きがあり、つねに力を生み出したり、力を伝達させたり、力を利用して生活をしております。

普通、この力の伝達を動く工業製品(商品)などで考えますと、必ず構造力学と言う考えが必要になります。
またその工業製品(商品)は、力学的応力ひずみに対応する形で、設計される事は言うまでもありません。
つまり、問題を起こさないデザインと、言うものが要求されます。

では、この力学的なデザインとは、人の身体に置き換えるとどうなるのでしょうか?
実は毎日の生活習慣の形態により、体の筋肉と骨格のデザインが決まってきます。
どうやらこのデザインに健康と病気の境界が有るようです。

老化とともに筋肉が痩せていきますが、適切な的をしぼった運動で、かなり健康を維持できます。
整体院にみえる方の、体の筋肉と骨格の関係には、問題ごとの共通した特徴が見受けられます。
それは良い事に、適切な運動で十分に改善が可能、と言う結果がでております。

私が主催する慧真導気功術では、登山気功という健康法を開発中ですが、まさに、往復一時間程度の軽登山で「目をみはる改善」が見うけられます。
さらにそこに気功と言う物を加える事で、さらなる効果の結果が出ております。

生活習慣と健康の関係はメディアでも注目されていますね。
しかし、分っていても変える事が出来ないのが生活習慣です。

特に生活習慣で大切な事は、第一には運動不足が挙げられますが、間違った運動法を取り入れて、
失敗するケースもありますね。

スポーツジムのインストラクターは基本的には、あまり体の問題を抱えていない若い人が多いですね。
当然の事ですが、健康な人と不健康な人では運動の適正が違う事は予想できます。
ましてや体を壊してから運動や、問題を内抱したままでの運動は危険を伴うのです。
しかし、何だかんだ考えて、動かないのが一番悪そうです。

やはり、不健康な人を毎日見ている整体師が主催する健康教室が望ましいですね。
ですが、いざ「健康教室」と考えると、実に敷居が高いです。

私の所でも、健康教室を運営していますが、不健康な人の特徴として「運動不足」と、
「筋力不足」が目立ちます。
そして、自分の問題の原因を尋ねられますが「運動不足です」と、いつも言います。
苦笑いとともに聞き流されます。
そして日をおいて、再び自分の問題の原因を尋ねられます。何とか違う原因が欲しいのですね。
その気持ちは良く理解できます。
私も運動不足ですからね、ですから説得力も有りませんね。

もう一つ大切な事が睡眠不足ですね。
睡眠不足の問題はとても大変な問題でしょう、しかし、私もそうとうの睡眠不足に成りますが、
適切な運動をつづけると睡眠不足の問題は、たちどころに解決しています。
ですから、ついつい睡眠不足を軽く考えてしまう良くない習慣です。
この睡眠不足ですが、誰かに体を触ってもらうと、ついつい「うとうと」してしまいます。
これは、睡眠不足と体の状態に密接な関係が存在している事を、如実に物語っていますね。