動きで判断する整体法

体の問題を見る時に、「体が静止した状態から判断する場合」と「体の動きから見た状態で判断する場合」と、二つの考え方があります。
体に加わる力の変化から考えた場合、体の「歪みの構図」の意味するところには、体のデザインから考えてみると、痛みにも「痛みの仕組み」が、体に存在している事が分かります。
つまり、痛みには「痛みを作り出す体の構造(デザイン)」があり、この解決には痛みを作り出す構造、即ちデザインを変える必要があります。
表現は多少難しいのですが、体の痛みには明確な理由があるのです。
その明確な理由が、「体の歪のデザインの意味」を知る事で解決の糸口が見えるのです。
私の整体は、おもに体の動きの中に問題の本質を発見する事が多いです。