封印していた気功療法(気功術)

 

 私が気功術(外気功)を会得したのは、自分が気功の道場を開いたと同時であった。習っている間は、気功の先生からは「今生では無理だろう」と言われていた。しかし、能力とは不思議なものです。皮肉にも自分の道場を開いて最初の講習会で会得したのだ。一般人の言葉を使うと奇跡を導く発想だったのでしょう。そのことを言葉に直せる表現は世の中には存在していない。だが、それから起きることは確信していた。その基となった思考は、一つの意識でした。私は気功を行う目的を究極の責任感から導き出していました。そのことが、誰に教わることなく気功術のベースを知り得たのです。

 

 自分が生徒をもって「気功」を教えるからには、外気功くらい出来ないわけにはいかないと心底感じたと同時に、外気功が出来ると言う確信が湧きあがったのでした。とても不思議な感覚。実際に外気功を見せる場面では何の躊躇も無く、生徒の前に立つ自分は、まさに外気功師としてのベテランの姿でした。虚勢でも背伸びでも無くベテランの余裕があったのだ。たぶんこ言う場合は「神が自分にのりうつり、指導されたのだ」とでも言った方が、むしろ信憑性が高いのではないだろうか。実は、ここから先がさらに大変であった。

 必要な時に必要なメカニズムが浮かび上がる経験の連続に入ったのだ。はっきり言って自分がそこまで「頭が良い」はずは絶対に無いことくらいは分かる。その後の経験は、まるでジグソーパズルの様に問題の一チップを開いただけで、絵の全てが分かる様に問題の構造が解かれて行った。

 

 その能力は、今現在もつづいている。

するとどうであろう、自分は出来ても生徒に教える方法が無いのだ。正直なところ、普通の外気功であれば一月ほどで教える事が可能だろうし、手技療法のスペシャリストであれば数日で教える事も可能になるかも知れない。

だが、一旦その上の世界を知ってしまうと教える事にも欲が出て来たのだ。「このレベルの気功術を教えたい」と。

 

 私の気功への取り組みは、生徒の精神レベル向上に主体が移った。私が発見した気の世界は、主要素が人の精神構造にあった。つまり、気功を使う側の心が、「気の質」と言うものを作り出していた事を知った。気功の質を作る心は、普通の考えの延長には無い。やはり、特別とも言うべき「善意の質」とでも表現した方が近いかも知れない。単なるイメージを主体に自然界の気を利用するのでは無く、気功家本人が気功を必要とする目的と、その目的に沿う気の質が求められる。いくら自然界の気を気功により引き出そうとしても、気功家本人のアンテナと言うか「意識の目的に対するキャパシティー」が、最終決定をする。

この「意識の目的に対するキャパシティー」をいかに磨くかがとても難しいのである。

  伝統的な技術の伝承では、この領域の気功術の習得は不可能です。大切なのは、技術的な伝承より心を確信的に磨くことの方がはるかに重要です。気功術に必要なものは、むしろ特別なものではありません。特別と言えば特別に高貴な人間性でしょう。高貴な人間性と表現するのが一番近い言葉での表現方法になります。ここが理解出来れば、究極の気功術の習得は夢ではありません。なぜなら、究極的な責任感を持って良い人間性を習得するだけで良いからです。この事実をもって、まさに神様の仕事に間違いは無いと言えるのです。どんな難解な問題でも、この心を持って立ち向かえば必ず適切な答えは導き出されます。

 

 

 

【ご注意:当方は医療機関ではありません】

※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談してください。