封印していた気功療法(気功術)

私が気功術(外気功)を会得したのは、自分が道場を開いたと同時であった。
習っている間は、気功の先生からは「今生では無理だろう。」と言われていた。
しかし、能力とは不思議なものです。
皮肉にも自分の道場を開いて最初の講習会で会得したのだ。
何故か理由も特段には無かったが、それは確信を持って予測していたのだ。
それは、究極の責任感からだった。
自分が生徒をもって「気功」を教えるからには、「外気功くらい出来ないわけにはいかない」と、心底感じた同時に「外気功ができる」と言う確信が湧きあがったのだ。
とても不思議な感覚、実際に外気功を見せる場面では何の躊躇も無く、生徒の前に立つ自分は、まさに外気功師としてのベテランの姿だった。
強がりでも虚勢でも、背伸びでも無くベテランの余裕があったのだ。
たぶんこ言う場合は「神が自分に乗り移り、指導されたのだ」とでも言った方が、むしろ信憑性が高いのではないだろうか。実は、ここから先がさらに大変であった。
必要な時に必要なメカニズムが浮かび上がる経験の連続に入ったのだ。
はっきり言って自分がそこまで「頭が良い」はずは絶対に無い。
その後の経験は、まるでジグソーパズルの様に問題の一チップを開いただけで、絵の全てが分かる様に問題の構造が解かれて行った。
その能力は、今現在もつづいている。
するとどうであろう、自分はできても生徒に教える方法が無いのだ。
正直なところ、普通の外気功であれば一月ほどで教える事が可能だろうし、手技療法のスペシャリストであれば数日で教える事も可能に成るかも知れない。
だが、いったんその上の世界を知ってしまうと教える事にも欲が出て来たのだ。
このレベルの気功術を教えたいと。
私の気功への取組は、生徒のレベル向上に主体が移った。
私が発見した気の世界は、主要素が人の精神構造にあった。
つまり、気功を使う側の心が、「気の質」と言うものを作り出していた事を知った。
気功の質を作る心は、普通の考えの延長には無い。
やはり、特別とも言うべき「善意の質」とでも考えた方が、近いかも知れない。
単なる、イメージを主体に自然界の気を利用するのでは無く、気功家本人の気功を必要とする目的と、その目的に沿う気の質が求められる。
いくら自然界の気を気功により引き出そうとしても、気功家本人のアンテナと言うか「意識の目的に対するキャパシティー」が、最終決定をする。
この「意識の目的に対するキャパシティー」を如何に磨くかがとても難しいのである