整体って何するの?

整体は、背骨や骨盤は体の基軸であり、そこに体の歪みが集中する。
背骨や骨盤を、調整(アジャスト)する、そのときにパキ・ポキと音がでる。
この調整を繰り返す事で、骨格と筋肉の関係で発生すると考えられている歪を取り除き、徐々に健康体の背骨や骨盤の状態にして行く。おおざっぱな説明ですがこんな考えです。
しかし、整体師やカイロの中には「むりっくり音を鳴らす」事だけを重視している人もおります。
シモザワ整体では、この事に疑問をいだき「パキ・ポキを使わない整体は作れないだろうか?」と、試行錯誤の取組を長年取り組んできました。
そこで発見したのが「パキ・ポキ」の、本質の原理とメカニズムでした。
「パキ・ポキ」の、本質の原理とメカニズムの発見により、音を鳴らすことを主体としていた従来の整体に、まったく新たな視点から、従来の整体の利点だけを使う技法がシモザワ整体にできたのです。
これを「シモザワ整体力学療法」と呼び、さらに細分化して「力のシステム療法」と「体からのデザイン療法」の二つの基本原理を作りあげました。
この体の基本原理の発見により、いままでは無理とされた体の問題が、体により優しいテクニックで解決する様に成っております。
全国で、誰も解決の糸口が無かった問題の、ひも解かれる奇跡が生まれ始めています。
普通は、「無痛の整体」を謳(うた)っている整体は、ほとんどがマッサージ効果の多様でしょう。
その技術名は独自ですが、マッサージ効果を多用した技術です。
シモザワ整体の考えは、背骨や骨盤に歪みを作り出す力の伝達のシステムや、その構造的デザインの問題などを「安全でソフトな気持ちの良い技」で、直接操作していきます。
疲労物質を流すと言う考えに対し、「構造的な根本問題」を「体の設計図を見る」手法が、今、シモザワ整体で静かに発進しています。