整体は東洋医学なの?

一般的には、その様に考えられている方が多いのかも知れません。
しかし、私の整体術は東洋医学だとか西洋医学などと、医学的な考えはありません。
これは体に関する発想の違いだと認識しています。
ですから、私どもに良く有る質問として「私の病気は治るのですか?」という質問が良く有りますが、
「私は、医者では有りませんから分かりません」と、答えるのです。
とても冷たい様ですが、医者ではないので病気が治るかどうかは答えようがないのです。
私の整体法は医学ではありませんから。
では、何なのか?
整体分析者であり、整体師、気功術師でもありますが、この分野の専門家です。
身体の構造デザイン力学だと考えております。
医学とは異なる発想で体の事を考えています。
体には常に「力」と言うものが発生し、その力が伝達したり変化をしているのです。
そして、複数のデザイン(図面)により様々な変化と変異を繰り返しています。
ですから、いわゆる健康な人には健康体のデザインがあり、健康な人独自の力学的なデザインが存在しています。また、不健康な人にはそれぞれの独自のデザインが存在しています。
この考え方は、私自身も他では聞いた事はありません。
私の独自の理論だと考えております。
人間は機械ではありませんが、機械以上の複雑な機能を幾つも、幾つも内包した構造物だと考えております。
人間は、「無」からは何も作りだす事はできません。
人の体の問題に触れる時、私はこの偉大な構造物は神のみが知る世界だと認識するのです。
ですから、「神には間違いが無いのだ」と、考えた時この理論が発見されました。
それは、どんな問題でも真剣に取り組む事で、必ず答えが見つかるからです。
しかし、それにはクライアントの協力は勿論、家族の協力も欠かせないものです。
あえて言わせていただくと医学者の歩み寄りがあれば、それは盤石なものと成り、さらに「奇跡」を生む発見に結びつくと信じております。
必要は発明の母なりと申しますが、事実に正直であれば道は開けると考えております。