整体 健康の秘密?

 

 整体には、どんな健康の秘密があるのだろうか?

 整体術はもともと、日本の裏武道の世界に始まったらしい。それは、武道という戦いの心技を磨く世界。それは体と心の戦いになる事だろう。

体がとことん攻められ、攻め続ける中により人の体の弱点を見つけ出す、無論、怪我や故障は日常茶飯事の毎日、そんな世界で生れた「故障なおしの技術」それが整体術であろう。ある意味、長い歴史の中から生まれた生活の知恵とも言えるものだろう。

 

 

《整体 健康技術開発の秘密?》

 

 整体も歴史と共に日々変化しています。主に体の骨格や筋肉に、生活で集まる歪みの力を修正していくことが整体の目的です。一般的な整体は、主に背骨と骨盤に集まった不要のエネルギーの集合である歪みのエネルギーを解消していきます。それが一般的な整体の技術の根本的な理論です。

 背骨や骨盤は体の動きのすべての基礎部分になります。基礎部分が歪めば、体に異常が生まれることはむしろ必然のことでしょう。しかも、体のすべての動きのベースとなる部分ですから、その影響は計り知れないはずなのですが、体の専門である医学の世界では、まったく注目されておりません。必然的に、体における骨格の役割に対する考え方には、力学的な考慮が欠落してきます。その結果として、治療の中で整体程度の効果を発揮させることが出来ない治療法が主流になってしまうのです。

 

 「整体はあやしい」確かにそういう側面をもっている人もいるでしょう。ですが、体における力学的なアプローチが皆無な体の理論に、どれほどの信頼性があるのでしょうか。その間違った知識をもって、整体の技術を見れば何も理解出来ないことは、容易に判断出来ます。

 

 整体の技術は医学に比べて、まだまだ科学的な進化が少ないことは明白な事実です。私も、整体という仕事を選んだ以上は、整体の技術に科学的な思考を取り込んでいくことは重大な責任と感じます。しかし、化学的な考察

を中心とした理論である医学の観点からアプローチすることは、むしろ間違いの基になります。体を物理的な側面から逆算するように体のメカニズムを解明していかなければいけません。そこから逆算して体の化学的な変異の意味を理解することが大切でしょう。

 

 話は難しくなりましたが、整体で使う体の基本理論は、既成の体の理論で判断するのではなく、体の構造力学からまったく新しく作り直さなければ、体の力学的な仕組みは理解出来ないということです。この観点から体の基本理論の追究を始めたのが、シモザワ整体力学療法の試みでした。

 

 お話を整理しますと、整体の基本は体における物理的な影響、すなわち力学的な考察を基とした体の正常化技術です。

 

 

 

【ご注意:当方は医療機関ではありません】

※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談してください。