札幌整体物語!整体ではない整体~ボディー・デザイナーへの道

 人の身体には、とても不思議なメカニズムが数多く存在しております。人の身体を手技療法で触り続けている人であれば、誰でも大なり小なりの独自の発見が有るはずです。それは、手技療法の腕の良し悪しの多くは技術量と言うより、最終的にはタッチ感覚の技量の違いにたどり着くからです。勿論、優れた技量者は技術量も多く、その技術の組み立てにも特徴が現われますが、その違いの原点もタッチ技量とその感覚の差の積み重ねとも言えます。単純に身体の操作技術の種類だけを増やしても、問題解決に必ずしも近づきません。確かに、技量が未熟な段階では、数多くの技術も必要としますが(下手な鉄砲、数打てば当たる!)、ある段階に進みますと、殆どの人が技術の組み立てにマンネリ化やパターン化が現われます。ですがこの時に、技術的に殆どの問題が解決出来る人は何の問題も有りませんが、実際には多くの技術者達が壁に突き当たり悩みます。その悩みの中で、技量的に揉まれて行くのですが、脱落する人と前進する人分かれるのがこの段階です。
 しかし整体の世界の面白いところは、「人気が有る所が技術的に優れている」とも、必ずしも言えない事でしょう。ですから、私の所でプロを育てる時にも「経営的な人気と、技術レベルの上下は一致しない」と、教えています。確かに、技術が有るに越したことはないが、整体院には技術以外のサービスを求めている人がとても多いのです。つまり、技術もさることながら「癒されたい」気持ちが大きいのでしょう。