肩こり気功

肩こりの人に気功を使うと、即効で肩こりが消えたり改善されたりする人がおります。
残念ながら、皆が皆ではありませんが。
肩こりと気の関係については諸説が多々語られてはいますが、本当のところは私も分りません。

想像するところ、血液の流れと深いつながりを感じます。
一般に肩こりは肩の筋肉にコリ物質がたまった状態と言われています。
と言う事は、当然の事として肩周りの筋肉の末端は、血液の流れが悪く成っている事は予想されるでしょう。

経験からもう一つ言える事に、肩こりの強い人の肩に手を触れただけでも、私の方にこりが移動してくる経験を何度もした事があります。
この様な経験は、手技療法家であれば多くの方が経験されているでしょう。
問題は、この時に何が起きているのかですよね。
実は、こんなときは総じてクライアントの肩こりが解消しております。
整体院の入り口で、肩こりを引き受けてしまった為に、クライアントはそのまま帰られた事すら何度もあります。
勿論、料金はいただけませんね。
話を聞いて、肩こりを引き受けてしまった私は「くたびれもうけ」です。(笑い)
それからは、入り口で話を聞かずベットの方で話を聞くように成りました。(笑い)
これは明らかに《邪気》といわれる物の移動でしょう。

この様に、肩こりの種類(?)によっては、気の移動が生まれることがあります。
この肩こりの気を、移動や除去などに「気功」を使って挑む手法や技法が、「気功療法」と言われているものですね。
同じ「気功療法」と名前を出しても、考え方様々でしょう。
中には、肩こりの幹部を揉み解して「気血を流す」というような考えもありますね。

しかし、シモザワ整体では揉み解す手法はとりません。
「肩こり気功」に関しては、あくまで気功のみになります。
しかし、同時に独自の整体法がありますので、その理論と整体法をあわせる事で、より効果的なアプローチが可能となります。

シモザワ整体では慧真導気功術を主催しており、道場にていつも様々な研究がされているので、気功の信頼度は抜群です。