腰痛気功

気功は見えない力、不思議な能力と思われています。
気功は肩こりにとても効果的な場合があります。
説明は、幾らでもできるのですが納得できる世界ではありませんね。
しかし、昨今の健康ブームとともに「気功」が注目され始め、その理解も進みました。
ですが。外気功の世界はまだまだ特種な世界ですね。
________________________________
《本当に有る腰痛気功》
腰痛には、「強い痛、弱い痛み、しびれ、はりなど」と難しい状態と簡単な状態、難しい原因と簡単な原因、慢性と急性、腰部が原因とその他部位が原因、生活の改善で好転する状態、運動不足が原因としているもの、太りすぎが原因としているもの、背骨や骨盤の変位を原因とするものなどと見方の観点を変えると様々な事が考えられます。
では、なぜ治らないのでしょうか?
原因分析が正しければ、必ずどんな治療法でも治るか効果がでてきます。
効果が全くみられない治療法を続けても無駄ですが、効果がみられた治療法は、後は時間との戦いに成ります。
しかし、原因の中に本人の体の維持管理に問題があれば、その状態を維持するだけで一杯に成るケースも有ります。
これらの諸要素を全部を都合良く解決するには、自分自身で考え体を維持管理する以外にはありません。その維持管理方法として有効な健康法として気功もその一つに挙げられます。
気功は腰痛にも有効ですが、その原因しだいでは他の手法と組み合わせた方が、より有効的な場合があります。
しかし、強い痛みをともなう腰痛の人の中には、整体が使えない人もいらっしゃいます。
私どもでも何度か経験していますが、車から降りれないほどの方もいらっしゃいました。
(こんな時いつも思うのですが、他の所に行ってほしい・・・と!)
このような場合に、腰痛気功が本領を発揮します。
たぶん、気功以外の方法は無理です。

しかし、問題があります。
このように動けない人は、訪問施術という方法に成りますが、場合によっては依頼心が強くなりすぎてしまう欠点もあります。民間療法の最大の敵はこの「度が過ぎる依頼心」にあります。

腰痛のほとんどの主原因は本人の体調管理の失敗や間違いですから、いくら効果がでる手法をとっても本人の自覚が低く成り過ぎては、さらに不適切な自己管理が進むことに成りかねません。
特に、低料金などで施術をするとあまり良い結果にはつながりません。
良い悪いは別として、気功は施術料金が高い方が良い結果を生みます。
技術が優れれば優れるほどこの傾向は顕著に現れ、技術レベルが低ければ低いほどこの影響は受けにくく成ります。

要は、信憑性が強いほど効果が実力以上に出やすい傾向があります。
残念ながら、本当の技術を磨く人には入り込めません。出来ないのでは無く、恥ずかしいことと思えるのです。
しかし、それではいけないとも多少は考えるのですが・・・・・?