身体がよろこぶ整体研究道!

《始めに》
整体の考え方も、整体の方法もたくさんあります。
日本全国で多くの治療家がいつも新たな技術、より良い技術をさがしているでしょう。
また、多くの人が整体に期待をよせている実情もあります。
しかし、本当に治療技術として研究に取り組んでいる人は、どの位いるのでしょうか。
そこで一番のネックに成るのが、何をどの様に研究を進めればよいのだろうかと言う疑問とぶつかります?
一般的には、誰かの本を読んで技術情報を取り込んだり、どこかで講習会を受けたりするでしょう。
しかし、どの技術が本当に優れているのか、どの理論がどれほど有効なのか知る術は、とても少ないのが現状でしょう。
最近、気功が注目され始めた事も、この様な事情と関連するのでしょう。
中には精神論に走り、座禅や滝にうたれるなど苦行に走るかもしれない。
既成の技術を、よりやり易いように工夫する人もいる。
他の療法を取り入れ名前だけを変えて、多少のやり方を変えて新技術としてデビューさせる人。
言葉だけが技術革新している人もいるであろう。
技術の向上を図らずに、既成の技術にあぐらをかく人。
商売の技術革新だけを考えている人。
しかし、誰もその考えや行動を批判する事は許されない、誰にでも事情も生活もあるのだから。
整体術も気功術もその奥行きの深さは語りつくせないですね。
多くの整体に携わる人がこんな取組を考えているのでしょう。
ですから、「効果がある」と噂が一旦あがると、その実態はともかくとして沢山の受講者が集まっています。
しかし、私はそんな現状を尻目に、シモザワ整体の技術革には、もっぱら自分の所で開発するという、スタンスで努力を積んで来ました。
結果としては、私はPRに関しては時間も、意識も、お金もまったくかけては来ませんでした。
しかし、私も最近は少し考え方が変わり始めて来ました。
と、言うのも、技術革新もとても大切な事ですが、上手にPRして行く事も、実はとても大切な事なのかも知れないと考え始めたのです。
ただただ整体の研究に勤しむだけでは、いくら技術レベルが向上しようと、画期的な理論であろうと誰も知らなければ、それは単なる自己満足ではないか?
シモザワ整体療法研究室は開業当初から、自分の道場まで持って研究に勤しんできました。
しかし、「PRは苦手」と公表を遠ざけて来たのかも知れません。
普段の生活も、HPに関しても、生徒の技術向上や意識の向上だけに力をそそぎ、自分の本業の発展は超おろそかの状態でした。
しかし、ようやく道場の生徒の意識レベルの改善(気の質のグレード改善に必要な行動意識)も、動き始め本業に目を向ける気持ちが多少生まれ始めたのです。

《身体がよろこぶ整体研究道!》
私は、整体院の開業の半年後から気功の道場をもった。
それは気功に関しては自分でも納得できるレベルまで来ていたからだった。
もう一つの理由として、整体だけの技術では対応できない人がいるであろうと深く認識していました。
この世の中に、完璧なものも完全なものも存在しません、しかし、手技療法家のスタンスとしてはそんな「自分のあまえ」をゆるしてはいけないと道場をもったのです。
自分をより厳しい環境におくことで、集中力も増してより感覚を鋭く磨けます。
いくら優れた技術があってもクライアントの体にどう作用させて、今、どう変化して行っているのかを、より細かく認識するには『感覚を磨く』事が一つの重要なポイントに成る事は明白です。
実はもう一つの理由が一番大切でした。
当時の持論で、健康を害する人の中には「健康な身体を維持するだけの筋力が無い」人がいると考えたからでした。
そんな考えの流れの中で、整体院の利用者や道場の生徒の筋力増強を目的とした「バドミントン部」も作り、市の小学校の体育館を借りてまでボランテア活動をしていました。
気功の道場を主体とした活動も、「既成の常識にあぐらをかく事無く」精力的にさまざまなチャレンジを試みるのが目的でした。
これらの試みから生まれた多様な経験は、とても斬新な「身体の秘密をひも解くこと」につながって行ったのでした。
仕事柄、何をしていても整体的な発想や気功の原理的な見方ですごす事が多く、多くの理論の解明につながって行ったのです。
私はそれなりの運動経験がありました。
登山、クライミング、スキー、バドミントン、山菜狩り?などとそれなりのスポーツもして来ました。
しかし、如何せんとも強烈な運動音痴の私。
何をやっても人一倍の苦労をする、いや人の3倍、4倍、それ以上であったかも知れません。
今に成って感じるのですが、人一倍の苦労には分析が欠かせない『発想の素』だったのです。
普通の人なら簡単にできることも、私の場合は色々な工夫と分析をしなければ追いつかないのですから、何をやっても年がら年中、分析をしているような状態でした。

いまの私を知る者は逆に「とても器用な人」と思うでしょう。
この不器用さは、身体だけではなく考え方も相当にシャイであった。
おかげで、何をやっても「大怪我と故障」は付き物であった。
この「大怪我と故障の日々」は、人の様々な痛みの感覚や、その変化の具合を感覚として身に付けて行った。
この事が功を奏して、色々な角度からの考えや実践の為の「運動力学」や「運動物理学的」な発想が生まれ、ずいぶんと若い時代から、人とは違う観点で物を見る訓練がされていたようです。
もちろん「運動力学」や「運動物理学的」と言う学問が生まれる以前から、この様な思考がありましたが、大げさに言えば、「私の人生の集大成として整体と気功の世界があった」と、言える様に少しずつ近づいた様に感じます。
結果として、気功道場での出来事はすべて整体や気功の新たな発想を生み出すことにつながっていたのです。
その最大の趣旨は、《身体がよろこぶ整体研究道!》につながって行きました。
気功も整体も、目的は《身体がよろこぶ整体研究道!》です。
でも、この考えは終わりが来るものではありません。
この仕事と携わる限り続くのでしょう。