頭痛の秘密は体のデザイン!

頭痛はとても不快です。その中でも偏頭痛は辛いですね。
頭痛の処方は色々ありますが、どの処方でも解決出来ない人も多いと聞きます。
そんな頭痛の秘密の種明かし。
頭痛の種類や状態により、効果的な治療法は病院の薬に頼るか、民間療法に頼るかでしょう。
しかし、根本解決は困難ですね。
整体、気功、カイロプラクティック、針、マッサージと皆さんが色々試されています。
でも、問題があります。
技術の問題ではなく、そのメカニズムの考え方にあります。
私は頭痛のメカニズムは、「頭痛の発生デザインが体にある」と、考えております。
肩こりなどもそうですが、私は患部のマッサージや揉む事はしません。
肩周りを中心として、足の先まで関連しております。
もちろん、パキパキ矯正も致しません。
とてもソフトな手技で無理なく、体全体から「肩こりや頭痛のメカニズム」をひも解きます。
つまり、『頭痛の設計図』を分析します。
______________________________
□ 整体の要素からみた頭痛の原因                                   
体は、頭や手の先から足の指先までに至るまで、「力によって」つながっております。
体には、力のエネルギーの伝達や変化が常に行われています。
生活の習慣により、一部の筋肉の発達が、筋肉や骨格の関係にバランス異常をもたらします。
特に、拮抗筋の関係に問題の要素が生まれて来ます。
この事により筋肉本来の働きが必要以上に低下します。
この時、体の力のエネルギー伝達に異常をきたす。
この異常が首周りの負担を増やし過ぎて、血流などに変化をもたらしてしまうのでしょう。
頭痛のある人の首周りの緊張は、極端な緊張状態を示し、共通して必ず同じ状態に成っている事を見ても明らかです。
詳しくは別の機会に発表する予定です!
ただ言えることは私は、頭痛の施術に関してあまり苦労した経験は有りません。



【ご注意:当方は医療機関ではありません】
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談してください。